こさとうのちょっとうるさいぞ? その2

Yahooブログから流れてきましたこさとうのブログです

KRELL PAM 1/2 復帰

じつは春先にオーディオルームで異臭騒ぎがありました。

原因はS9500系に使っていたPAM2の電源。定番のコンデンサー破裂でした(>_<)

 

予備にしていたPAM1を出してきましたが、なんか音がおかしい。他二台のPAM1/2と電源その他取っ替え引っ替えして結論としては本体の問題だ、ということで、いつもお願いしている安田オーディオラボさんにPAM1本体とPAM2電源のセットで診断いただきました。

 

電源の方は、コンデンサーは予想通りの状態で、トランスもこんな感じに。f:id:kosatoh:20200809132021j:image

40年近く経ってますからね。

コンデンサーも容量チェックしていただいたら左右8本のうち規格を保ってていたのは一本のみ!全量交換となりました。

 

あ、豆情報としては、KRELL PAM-1 PAM-2の電源出力は18Vでした!

電源が逝った際に「リチウムでバッテリー駆動化」を一瞬考えましたがなかなか。12/24ならやってたんですが。

 

そしてPAM1本体。ヨーロッパから輸入後ロクにチェックもしてなかったのですが、あちらでの修理歴が見受けられ、しかもかなり場当たり的。コンデンサーの交換だけでなくかなり色々手直し頂くことになりました。

f:id:kosatoh:20200809133052j:image

(そんな状態でお貸ししてしまい失礼しました>会長)

 

そしてやっと隊列に戻ってきました!

f:id:kosatoh:20200809132919j:image

上からPAM2/1/1

PAM2と今回の1が赤ランプ仕様ですね。

f:id:kosatoh:20200809133337j:image

インレタやシリアルの書式がバラバラなのが初期クレルらしいなと(^^)

 

PAM2は引き続きS9500系、今回治したPAM1をXRT18系にして、PAM1は予備系にまわってもらうことにしました。

 

家人が寝静まった深夜に音出し。うーんマンダム。これですよこの繊細なボーカル!

素晴らしい。安田さんありがとうございました!

 

しかし、S9500よりXRTの方が良く鳴ってる感がますます…KBXとか投入しないとダメかしら。悩みは尽きませんね。

 

ホームシアター奮戦記 その4 アンプとプレーヤー

アンプとプレーヤーをどうするか。あまり悩む必要はありません。

・Atmos対応

パワーアンプは必要ない(パワードスピーカーなので)

HDMIオーディオ専用出力

・ネフリ、Amazon prime対応

 

ということでチョイスはこのように。

f:id:kosatoh:20200807172726j:image

 

・AVプリ ONKYO DHC-80.6

Atmos初期のAVプリです。オンキョーのフラッグシップでしたがAV○Cの安売りで新品79800円。

HDMIの4K対応が甘かったり今から見ると古いところがありますが、音声入力しか使わないので問題ありません。

f:id:kosatoh:20200807172627p:image

・プレーヤー1 UBP-X800M2 USリージョンフリー版

f:id:kosatoh:20200807173052j:image

アメリカからリージョンフリー版を輸入。チューンしちゃうので保証は気にしない!(^^)

ネフリもAmazonプライムも問題ありません。

輸入したFord vs Ferrariの日本語が出なかったのでプレーヤーの地域見て判断するソフトは問題出るかも。

 

・プレーヤー2 OPPO UDP-205 リージョンフリー版

f:id:kosatoh:20200807173503p:image

 

みんな大好き205。日本で入手できずにこれもアメリカから輸入しました。

これも即チューン。とはいえG90向け予定です。

 

あと、サラウンドトップ用の4chアンプでパイオニアM05、Amazon music用にEchoLinkなど。また、設定用に小型テレビ置きました。

ないと不便なんですよね。

 

X800M2で、ネフリが24p出力できてるようで、AppleTVは使わないでいいかも。

 

しかし、7.1.4は線が多い!

何回か繋ぎ間違いして原因特定が大変でした。私が悪いんですが(>_<)

 

続きます

ホームシアター奮戦記 その3 スピーカーセット

15年ぶりのシアター設計で目指すはドルビーアトモス

以前のシステムは小型の8cm1発フルレンジパックロードホーンで5.1でやってましたが、今回はフルサイズ7本使っての7.1.4にチャレンジです。

 

選択したスピーカーは設置性と音とデザインと!B&Oのアクティブスピーカーで逝きます!!

・メイン5本 Beolab1

600wデジタルアンプ内蔵。B&Oのフラッグシップ。1本だけ売られていたのを含めて集めましたよ(^^)

f:id:kosatoh:20200805195733j:image

・バック 2本 Beolab8000

150Wですが必要にして十分。底が重いっす

f:id:kosatoh:20200805195851j:image

・サラウンドトップ 4本 BOSE 121

色々検討した結果、シアターサウンドコスパで考えると最強。ペア3000円とかで落とせましたよ。

f:id:kosatoh:20200805200009j:image

・サブウーファー ヤマハYST-SW800

前システムからの引き継ぎ。低音は質量ですよ兄貴!な時代の。800wアンプ内蔵。

f:id:kosatoh:20200805201425j:image

 

そんなこんなで縦長ラインナップ。サウンドスクリーンから音が出てくる構成です!

f:id:kosatoh:20200805202145j:image

スペック上は

600*5+150*2+800=4100w
マジか(^^)

 

続きます→

ホームシアター奮戦記 その2 サブプロジェクター選び

メインに据えるVPH-G90はインストーラーさんがコロナの間は動けないのでサブの機械を選びます。

 

あちらは2K/96Hzを狙うので、4Kのサブマシン選びです。

ポイントは

・設置性

・4KHDR

・3D対応

 

DLPか液晶か、色々考えましたがG90と組み合わせるのを考えて大きさ重視。

BENQ HT3550に致しました!

https://s.kakaku.com/item/K0001133991/?cid=shop_google_00010021

 

f:id:kosatoh:20200804172955j:image

とりあえず仮設置。スクリーンとの高さ合わせなどありますが、パッと画面出し。

お手軽でいいなぁ。

昔のDLPで激しかったカラーブレイキングもあまり感じません。

技術が進歩したのか私が衰えたのか(^^)

 

とりあえずデカい画が出ました!

次は音響です。

To be Continued

ホームシアター奮戦記 その1 スクリーン設置

というわけでアクセス情報無くして放置してました。

コロナ禍で昨年は14回も行った海外出張がなくなりいきなりヒマに。そんな時は積み機材になっていたシアターを構築です!(ヲィ

第一回はスクリーン。シアターはスクリーンが命!

今回チョイスしたのはキクチのサウンドスクリーン、イーストンE8K-KE120HD。

初の16:9、初のサウンドスクリーンです

いきなり設置後。

f:id:kosatoh:20200803180436j:image

巻き上げるとこんな感じ。

f:id:kosatoh:20200803180553j:image

お手軽シアターなのでエレクターを組み合わせ、アングル使ってチマチマやってます。

f:id:kosatoh:20200803180609j:image

心配したスクリーン透過の迷光もまずは大丈夫そうです。

 

本当はもうちょっと大きなサイズにしたかったのですが、箱のサイズで限界が。

でも120超えるとエラい高くなっちゃうのでこれで良かったのかも(^^)

 

続きます。

XRT18 復活!

まさかのヒューズホルダー破損で無音になってしまったXRT18ですが、合うホルダーがやっと見つかりまして復活しました!

イメージ 1


国内で色々取り寄せて見たのですがどうも合わず。本国アメリカの部品ならあるかなとebayでそれらしい形のものを発見、捕獲しました!キャップ部が微妙に違いますが問題なく使えました!

イメージ 2


4つ確保しましたが後々のために記録。

Blue Sea Systems 5022 Panel Mount Agc/Mdl Fuse Holder Replacement Cap

5022 Panel Mount AGC/MDL Fuse Holder Replacement Cap

Replaces cap for 5021

一難去ってまた一難

XRT18に災難続きです(>_<)

先日、アンプの電源断で油断しましてXRT18のHFのフューズを飛ばしてしまいました(>_<)
容量不明ながらも手持ちのフューズに入れ替えて復旧させまして、後日目星をつけた容量に、と考えておりました

で、一週間ぶりの週末に音出ししてみると、ん?また左がおかしいですよ…?
色々調べてみますと何と

イメージ 1

わかりますか?そう、ヒューズホルダーの留めるノッチが両方とも無い!
どうも30年の金属疲労で折れてしまったようです。手で押し込むと音が出ます!
オーマイガー。

ヒューズ管は規格品ですが、ホルダーのキャップはそれぞれ違うよなぁ…どうすっぺ。
エレクトリに部品で…流石になさそう。
ヒューズレス化?細かいところですが、大掛かりな手術になってしまうかもです。

追記
音が出ないのも寂しいので、YAMAHA NS1Classicを引っ張り出してきました。やはりこちらも良い(^^)

イメージ 2